こんばんは!

昨日のNYダウは、米FOMC政策金利発表で9月の利上げが見送られたことから、163ドル上昇しましたね。一方、その結果を受けて、ドルが売られドル円は100円台まで上昇し、日経先物大証は前日比で240円下落しました。

現在も、為替は100円台で推移していますが、日経先物CMEは大証比で100円安水準まで戻していますね。

明日の日本株がマイナスでスタートしたところからどう動くのか・・・それが今後の指標になりそうですね。

ところで、きょうは、独立系のM&A仲介会社のM&Aキャピタルパートナーズ(6080)についてです。

こちらは直近の決算発表で、7月29に16年9月期第3四半期累計(15年10月-16年6月)の経常利益(非連結)が前年同期比8.2%減の10.1億円に減った一方で、16年9月期通期の同利益は従来予想の14.3億円→18.1億円(前期は15.2億円)に上方修正され、前期比で19.4%増益(5期連続で過去最高益を更新する見通し)を見込むと発表しました。

ところで、こちらの直近での最大のトピックは、2016年7月に発表された「貸借銘柄選定」ですね。これまで高額クオカード優待ながら、つなぎ売りできなかったわけですが、次回権利分(2016年9月末日)より可能になりました(^^)

優待は、100株以上で3000円分の高額クオカードですね(^^)

M&Aキャピタルパートナーズ

                              


M&Aキャピタルパートナーズ(6080) 

株価】 1948円/株 必要資金(100株) 19万4800円(9/21) 

【予想配当】  2.06% / 32円
【PER/PBR】 25.39 / 7.13倍 (予想連)
【優待確定月】 9月末日  

【優待内容】  

100株以上   クオカード 3000円分

一般信用売りはできません。貸借銘柄に選定された直後のため、逆日歩データはありません。

前述のとおり、2016年9月権利分よりつなぎ売り(クロス取引)が可能になります。3000円のクオカードなので人気が集まるのは間違いないと思いますが、どこまで周知されているのか・・・というところですね(^-^;

業績好調で、成約件数の順調な増加や大型案件の複数成約などで16.9期は上方修正、2ケタ増益見通し、高ROE銘柄としても注目されていますね。


16年9月期の第3四半期累計の経常利益は減益になりましたが、成約件数自体は伸びたものの、積極的な設備投資や広告宣伝費の増加が利益を圧迫したとのことです。

貸借銘柄選定により、優待取得のチャンスが広がったので、直前のおさらいとして書かせていただきました。

それでは、本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました(^^)/



※逆日歩など、その他の株主優待情報は⇒
こちら へ(^^)

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村  

クオカードに関心がある方はこちらへ↓※ 
      
にほんブログ村 トラコミュ クオカード(QUOカード)が好き!へ 
 クオカード(QUOカード)が好き!


※その他の優待サイトです↓ 
①   ②  blogramのブログランキング    ③株式投資ランキング  ④ PVランキング 
※お好みの優待情報を見つけてください↑  


欧米で販売数200万枚を突破!フレーバーストーンの詳細はこちら